ミスター保険 高島健太

自動車保険獲得コンサルタント

ミスター保険 高島健太

Placeholder image
「たった3ヵ月であなたの会社の自動車保険獲得率60%を目指す、ミスター保険こと保険高島健太のコンサルティング!今までのコンサルティング実績は32社を超え、何社もの自動車販売店さまに順番を待っていただいている状態です。そんな全てのコンサルティング先を大公開!あなたの会社がどんな風に変わるのか?先に実践している会社さまの成果をご確認ください。

高島健太のコンサルティングをご希望の方へ

高島健太のコンサルティングをご希望の販売店さまは、あいおいニッセイ同和損保各営業社員さまにお問い合わせください。内容のご案内やお受けできるスケジュールをご確認いたします。お試しコンサルティングは、1日空いた日程で調整することができますので、まずはお試しコンサルティングをご検討ください。

 

 

 

コンサルティング実績販売会社さまの紹介

Picture

コンサル第1号は大阪の「 軽の森 」さまでした

私のコンサルティング実績の原点とも言うべき会社が大阪にあります。大阪で有名な、私と同い歳の吉田社長率いる「軽の森」さまです。「軽の森」さまとの出会いは、2009年10月、大阪市中央公会堂にて開催した自動車保険獲得セミナーでした。

軽の森さま以外は誰も集まらない小さなセミナーから、私の運命が動き出しました。セミナーの内容に感銘を受けて頂き、セミナー受講後に「当社の自動車保険獲得をアップして頂けませんか?」とコンサルティングの依頼を頂いたのが始まります。

当時社員数も10名未満の会社だった軽の森さまが、高島健太のコンサルティング開始と同時に、指導した通りにドンドン実践して頂き、バンバン自動車保険を獲りまくってくれました。この、軽の森さまで出した新規保険獲得率の実績と数字をあいおいニッセイ同和損保が評価して頂いたのです。

その結果、2010年6月にあいおいニッセイ同和損保と専属契約を締結することになりました。その後の成果については、皆さまご存知の通りです。

今の私があるのは間違いなく「軽の森」さまたちの実践結果あってのことなのです。私がコンサルティングを開始した当時は10名未満の自動車販売店さまが、平成29年では総勢100名の大所帯に大躍進されています。「軽の森」さまでの経験は今の仕事に役立つことばかりです。軽の森の皆さま!本当にありがとう!これからもドンドン自動車保険を獲得していきましょう!

株式会社ヨシダオートサービス  2009年11月〜
会員番号001「大阪府:軽の森」さま
Picture

大阪のコンサルティング実績の噂を聞きつけ、山形県の「天童自動車商会」さまからコンサルティング依頼を頂きました

あいおいニッセイ同和損保専属講師となってから初めて依頼を受けたコンサルティング先が、山形県の天童自動車商会さまです。今では遠い昔のようですが、2010年10月13日、あいおいニッセイ同和損保 東京北支店でセミナーを終えたのが午後6時。それからあわてて上野駅から山形行きの最終列車に飛び乗りました。

夜中の0時前に山形駅に到着すると、あいおいニッセイ同和損保の支社長がわざわざ駅で待っていてくれました。翌日に初めて訪問する天童自動車商会さまの詳細を私に伝えるべく、また私の人となりを見る上での夜遅くからの会食となったことが懐かしいです。

翌日初めてお会いした清野社長と奥さまが、美味しいお蕎麦屋さんに連れて行ってくれました。そのお蕎麦屋さんでコンサルティング受注をいただいたことが懐かしいです。天童自動車商会さまからの依頼は「仙台の未使用車専門店の保険を増やすこと」でした。それからというもの、私は毎週日曜日に仙台に3ヵ月間通いました。そして、仙台のお店のスタッフへ自動車保険獲得ノウハウの全てを教えました。

コンサルティング期間中には東日本大震災という大震災もありましたが、震災の影響が落ち着いてからは、仙台店に続き山形本社でも、3ヵ月間のコンサルティングを導入していただいたのです。そして後日、清野社長から嬉しいお言葉を頂戴しました。「ここ10年くらいは収保が7,500万円を行ったり来たりだったけど、高島さんのコンサルティングを受けてからは、最終的に1億円を超えることが出来たよ」と。

私にとっては最高の褒め言葉でした。

株式会社天童自動車商会  2010年11月〜
会員番号002「山形県:天童自動車商会」さま
Picture

茨城県の「ナオイオート」さまにコンサルティングしました

私が知る、あいおいニッセイ同和損保さまの営業社員さまの中でも色々な意味で最強を誇る人が居ます。その営業担当社員さまが担当されていましたのが、茨城県「ナオイオート」さまです。私がコンサルティングを行った自動車販売店の中でもダントツに大きい規模のお店です。ナオイオートさまには、毎週土曜日に3ヵ月間通わせていただきました。

ナオイオートさまは、大きな会社でありながらも、小さなことにもていねいに対応されていることを知りました。直井社長をサポートする部長たちの力量がもの凄いことにも驚きました。そして各店の店長も自分たちの能力を最大限に発揮されてお仕事をされているようでした。

このページを読んでいるあなたに私が何を伝えたいかと言いますと・・・「3ヵ月間の保険コンサルティングを100%活用してくれた」ということです。ナオイオートさまでは、コンサルティング終了後にも、学んだ営業話法や新規獲得ノウハウを社内で勉強会を開催して全てのスタッフに浸透させたのです。コンサルティング後の保険収益率の増加については推して知るべし。

「ナオイオートさまでクルマを買うお客さまは羨ましい」そう思えるような店舗です。

株式会社 ナオイオート  2011年1月〜
会員番号003「茨城県:ナオイオート」さま
Picture

石川県の「ガレージフィックス 」さまにコンサルティングしました

2011年3月に起きた東日本大震災の当時は、私のコンサルティング先が東北に多かった為、保険コンサルティングが出来ない状況にありました。震災の影響が落ち着くまでコンサルティングを中断することになったのですが、そのスケジュールの空いた期間に「当社の保険実績をアップして欲しい」とご相談頂いたのが、亀井社長率いる石川県のガレージフィックスさまでした。

朝早くに金沢駅に毎週迎えに来てもらい、お昼はとんかつ屋さんで大盛りを食べさせていただき、夜になると金沢駅まで送っていただきました。ほとんどのコンサルティング先では、あいおいニッセイ同和損保さまの送迎があるのですが、ガレージフィックスさまは他の自動車保険会社さまの代理店でしたので、送迎は無かったのですね(^O^) 亀井社長、毎回送迎&とんかつ大盛りをありがとうございました。

今思えば、私が他社損保のコンサルティングをさせていただいた唯一の会社さまです。

株式会社 ガレージフィックス  2011年4月〜
会員番号004「石川県:ガレージフィックス」さま
Picture

神奈川県の「ニーズ 」さまにコンサルティングしました

遊佐社長率いるニーズさまは、自動車の買い取りをメインでされている会社さまでした。コンサルティング依頼を頂いた当時は、買い取りメインから軽自動車の未使用車販売にシフトされている最中でした。遊佐社長ご自身がオシャレであることから、商談ルームも雰囲気が出て格好良く、お客さまにはポップコーンやお菓子を振る舞う店舗になっていました。私が指導させていただきました人数は3名でした。

その中に「この人は天才だぁ!」と思う店長さまが居られました。コンサルティング期間中もバンバン新規保険を獲得されていました。午前10時から午後9時まで行なわれる研修を終えると、みんなでラーメンを食べに行ったことが懐かしいです(^O^)。

株式会社ニーズ  2011年8月〜
会員番号005「神奈川県:ニーズ」さま
Picture

新潟県「丸山自動車」さまにコンサルティングしました

新潟県で車検と言えば!泣く子も黙る丸山自動車さまですね。年間車検台数はウン万台!!この車検台数だけでも凄まじいのですが、車検からの保険付帯件数も驚異的な数字を誇っておられます。

私がコンサルティングをさせて頂きましたのは「クルマ販売から保険」でありまして、車検から保険の獲得はコンサルティング以前から行なわれていました。その原動力となりますのが保険部長であります牧岡部長です。

牧岡部長は車検部門から保険部門へ異動されて丸山自動車さまの自動車保険を牽引されています。牧岡部長はご自身がプレイングマネージャーでもありますが、私は「人材教育のスペシャリスト!」だと思っています。牧岡部長のもとで学んだ従業員の方々が次々に驚異的に自動車保険を獲得されています。圧倒的な車検台数と圧倒的な新規保険の獲得で盤石の経営をされているのですね。本当に凄い会社さまです。

株式会社丸山自動車  2011年9月〜
会員番号006「新潟県:丸山自動車」さま
Picture

大阪府の「ひまわりコーポレーション」さまにコンサルティングしました

私の出身母体と言いますか、「ありがとうミスター保険」の生みの親でもあります会社が大阪府の「ひまわりコーポレーション」さまです。私が会社を退職したのが2009年6月でした。

それから約2年の歳月が過ぎた時に、豊田会長からコンサルティング依頼を頂戴しました。これには本当に驚きましたが、同時にとても嬉しかった事を覚えています。豊田会長曰く「高島が辞めてからジワジワと保険付保率が落ちていった。けれど少しずつの下がり具合だったのであまり気にしていなかったが、ふと気付いてみるととんでもなく落ちていた。保険をたくさん取得していたあの当時にもう一度戻したい」とおっしゃったのです。

コンサルティング初日の事を今でも鮮明に覚えています。かつて保険を獲りまくっていた同僚が全然保険の話しが出来ていないことに驚きました。保険が獲れるか獲れないかはロープレをすれば直ぐに分かります。ですが「昔とった杵柄」ということわざの通り、1時間ほどロープレするだけでどんどん元通りになりました。続けることの難しさを教えていただいた現場となりました。

株式会社ひまわりコーポレーション  2011年11月〜
会員番号007「大阪府:ひまわりコーポレーション」さま
Picture

新潟県の「カイツ自動車」さまにコンサルティングしました

「親分肌の人ってこういう社長さまと言うんだろうなぁ・・・」といった会社さまが、新潟県は新発田に在ります海津社長率いるカイツ自動車さまです。海津社長は、JU関連協の会長職も勤めておられます。コンサルティング期間中は本当に良くして頂きました。夜は毎回美味しい郷土料理をご馳走になり、私と年代が近い従業員の方々と夜な夜なカラオケで熱唱していました。冬の道路は雪が一面にアスファルトを覆っていまして、夜中に見る除雪車の作業に一人興奮していたことが懐かしいです。

カイツ自動車さまの素晴らしいところは、従業員の皆さまが持つ「会社愛」だと思います。皆さま海津社長のことが好きであり、カイツ自動車のことも好きなんですね。お話をさせて頂いていますとそのような話題ばかりです。こんなにも会社愛に溢れている会社さまもそうはございませんよ!

カイツ自動車株式会社  2011年11月〜
会員番号008「新潟県:カイツ自動車株式会社」さま
Picture

愛知県の「光田モータース」さまにコンサルティングしました

光田モータースさまに一度は訪問された方ならお分かりになるはずです。「どうしてこの場所でこんなに多くの車検台数がこなせるのか?」良い意味で常識を覆す会社が、光田社長率いる光田モータースさまです。

私は「自動車販売から新規保険の獲得」でコンサルティングに入らせていただきました。毎週土曜日とあって、多くのお客さまが来店される中での保険の研修でしたが、接客と研修を上手く廻していただきました。光田モータースさまの凄さは「人材にあり!」だと思います。月販30台以上を販売されますプレイングマネージャーであります部長が居て、同じく30台以上を叩き出す店長が居て、39,8万円専門店の店長もオールマイティーに強烈でした!

私は常々言っていることがあります。それは「人が変わるから会社が変わるんだ」と。コンサルティングに入らせていただいた途端、新規保険の付帯率も5割を超えることが珍しくありませんでした。社内に「保険を販売するんだ!」という意識が直ぐに芽生えて、色々なドラマがあって今に至ります。

会社見学に行かれるなら、色々なヒントがたくさま詰まっている光田モータースさまを見るべきだと思います。

有限会社光田モータース  2011年11月〜
会員番号009「愛知県:光田モータース」さま
Picture

千葉県の「ロータスイシヤマ」さまにコンサルティングしました

ロータスイシヤマさまにもたくさんの想い出がございます。午前10時から午後7時までは個人レッスンで保険指導をさせていただきました。お店が閉まってから20分程の間に石山社長が買ってきてくださるマクドナルドのセットを食べながら、若い従業員の方達とあれやこれや言いながら青春を過ごさせていただきました。毎週土曜日のコンサルティングでしたが、あいおいニッセイ同和損保の山口さまも毎回駆けつけてくれました。

嬉しいエピソードもあります。若い営業スタッフさんが「クルマの契約を頂いた日に保険も同時に加入していただいたお客さまから、帰り際に駐車場で私に「ありがとう!」って言ってくれたんですよ。本当に嬉しかったです!」と。

私は色々な会社さまに3ヵ月間毎週通わせていただきます。このような感動ストーリーに触れる度に「この仕事に就けて良かったなぁ(^O^)」としみじみと思います。コンサルティング終了後も石山社長とも交流を続けていただいております。皆さまに出会えて本当に良かったです。

株式会社石山  2012年1月〜
会員番号010「千葉県:ロータスイシヤマ」さま
Picture

群馬県の「小林自動車ボデー」さまにコンサルティングしました

小林社長率いる小林自動車ボデーさまは、車検のコバックも自動車の販売もガソリンスタンドも経営されていますが、なんといってもハイテク満載の鈑金工場があること!これに尽きると思います。今でこそ流行の水性塗料の塗装ブースも既に導入済みでした。

保険コンサルティングの依頼をいただいたのは「車検からの新規保険を獲得すること」でした。入社したての若干20歳のユイちゃんから入社歴が何十年のベテラン勢までをご指導させていただきました。当時はあいおいニッセイ同和損保さまの新進気鋭の営業社員さまと毎週金曜日にお伺いしていました。

小林社長は、私に話し掛けてくださる時にはいつも「ミスターよぉ~聞いてくれよ~」と決まった呼び方だったのが懐かしいです。もちろん研修終了後には小林社長さまがいきつけの居酒屋で夜遅くまで皆さまと語り合いました。あの日よCOMEBACK again~ (^O^)

株式会社小林自動車ボデー  2012年3月〜
会員番号011「群馬県:小林自動車ボデー」さま
Picture

千葉県の「ツチヤ自動車」さまにコンサルティングしました

自動車業界の大将軍を挙げるならば、千葉県最強の社長さまが率いる自動車販売店がございます。その名はツチヤ自動車さまです。私はコンサルティングに入らせて頂いている間に土屋社長から色んな事を教えて頂きましたし、現在もご教授頂いております。とにかく「凄い」の一言に尽きます。多くの自動車販売店が最近された様な事は10年前から既にやっておられるでしょう。

来店されますお客さまが、ツチヤ自動車さまの従業員を信じ切って買い物をされている光景を何度も拝見させていただきました。同業他社と比べてですが、毎月の顧客からの買い換え率も販売台数も相当な数字を誇っておられます。

ウケが良いのはお客さまからだけではございません。たとえば、私が何ヶ月かぶりに訪問した際には、従業員の皆さまが優しい声掛けをしてくれます。「高島さん、お母さまのご病気はその後どうですか?」と。従業員の皆さまの社歴も10年や15年戦士がたくさん居られます。たくさん凄いことがありすぎて書き切れない会社がツチヤ自動車さまなのです。

ツチヤ自動車株式会社  2012年3月〜
会員番号012「千葉県:ツチヤ自動車」さま
Picture

愛媛県の「ガリレオコーポレーション」さまにコンサルティングしました

2012年1月、あいおいニッセイ同和損保さまの高松支店にて自動車保険セミナーを開催させて頂きました。開催地が香川県の高松にも関わらず、愛媛県の東温市から森社長が足を運んでくださいました。初めてお会いしたセミナー当日にコンサルティング依頼を頂戴したことが懐かしいです。

私のミッションは「自動車販売の営業マンを保険で鍛えて、自動車保険の獲得と同時に車販台数を伸ばすこと」にありました。2012年4月からは毎週日曜日にお伺いして12回連続の高島コンサルティングがスタートしました。

コンサルティングが終了した翌月に爆発したのが・・・なんと「車検からの保険獲得」でした!これには驚きました。コンサルティング前は1件も保険を獲得したことがない車検担当のメンバーが、わずか1ヵ月の間に車検台数120台に対して、新規保険を50件も獲得してくれました。車販と車検の両方合わせて新規保険の獲得件数が1ヵ月に10件未満だった会社さまが、コンサルティング終了後の3ヵ月間で156件の新規保険を獲得してくれました。

ここから怒濤の「保険ドリーム」が始まりました。当時3店舗だったお店も平成29年1月時点では6店舗に増えて、森 益伸社長の名前の由来通りに益々(ますます)絶好調の会社さまです。

Placeholder image
株式会社ガリレオコーポレーション  2012年4月〜
会員番号013「愛媛県:ガリレオコーポレーション」さま
Picture

埼玉県の「新生オート飯能」さまにコンサルティングしました

私が「保険証券がある場合なら3分で見積り作成が出来るようになってください!」と宿題を出した1週間後に訪問しますと、営業リーダーさまがストップウォッチを首から下げて時間通りになるように練習されていました。

そんな熱い心とユーモアを持った従業員さまが居られます会社さまが、これまた大将軍であります森会長が率いる「新生オート飯能」さまです。新生オート飯能の皆さまとは幾つもの青春ストーリーを作らせて頂きました(^O^) 若いスタッフからベテランまでが入り乱れてのコンサルティングでしたが、自動車保険とは全然関係無い話題にもベテラン勢が若いスタッフに合わせて頂いていましたので、常に笑いが絶えなかった現場でした。

私のコンサルティング先の会社の中には、保険を異常に多く取得出来るようになる人がいます。いわゆる「天才肌の人」です。新生オート飯能さまにも天才が居られました。平成29年1月現在では店長さまを任されています関谷さんです。関谷さんを支える田村さんもたくさんの新規保険を獲得されています。また一緒に仕事がしたい人達です。

株式会社新生オート飯能  2012年7月〜
会員番号014「埼玉県:新生オート飯能」さま
Picture

兵庫県の「ダイハツ明石西」さまにコンサルティングしました

2012年3月、あいおいニッセイ同和損保さまの神戸支店にてセミナーを開催させていただきました。そこで出会ったのがダイハツ明石西を経営されています織田社長です。

兵庫県は明石市にございますダイハツ明石西さまは、自動車保険にとても熱心に取り組んでおられる会社さまです。たとえば、出社した朝一番には自動車保険商談のロープレが始まります。しかも、保険ロープレに参加するメンバーは従業員全員です。営業マン、フロント、メカニック、事務職、店長さま、社長さまも・・・。

1週間の内に5日間は保険ロープレをされています。コンサルティングに入らせていただく前からも自動車保険には力を注いでおられました。

ですが、織田社長は仰ってくださいました。「高島さん、ある程度までは自分で持っていけたんだけど、ここから先はプロに任せるわ!」と。あれから何年かが過ぎて、今では日本屈指の自動車保険の付帯率を誇る会社さまになられました。またそれを続けておられます。継続は力なり!

株式会社ダイハツ明石西  2012年9月〜
会員番号015「兵庫県:ダイハツ西明石」さま
Picture

愛知県の「 グッドスピード 」さまにコンサルティングしました

漫画キングダムをご存知でしょうか?身分の低い少年が兵士となり、幾多の戦いで戦績を挙げて後に大将軍に成るというストーリーです。そんな自動車業界の大将軍を目指す社長が名古屋にありますSUV専門店のグッドスピードを経営されます加藤社長です。

大将軍を目指す加藤社長とお話をさせていただきますと、現在大成功を収めておられます自動車業界の大将軍の方々と同じ事を自然に話されています。また同じ考えを持たれていることに、お会いする度に驚かされます。

社名の由来どおりに何でも「スピードが命!」でありまして、加藤社長の座右の銘は「有言速攻」です。12回連続の高島コンサルティングは、2013年1月から毎週金曜日にお伺いする形でスタートしました。営業マンの方々の平均年齢が25歳位でしたので、若さと満ち溢れるパワーに圧倒された事を覚えています。私が勉強させて頂いています。

株式会社グッドスピード  2013年1月〜
会員番号016「愛知県:グッドスピード」さま
Picture

熊本県の「 ファーレン熊本 」さまにコンサルティングしました

1月~3月の毎週土曜日に、大阪空港を午前9時50分に出発して熊本空港に11時10分に到着。熊本空港からは、あいおいニッセイ同和損保の方に送迎してもらいコンサルティングにお伺いさせて頂きました。本当に懐かしいです。名前のとおり「フォルクスワーゲンの車」を取り扱われていましたので、普段見慣れない外国車特有の型式を使ってロープレをしていました。

みなさんは熊本に行かれた事はございますか?私は12回のコンサルティングを経験させていただき実感したことがございます。それは「大阪以外に住むとしたら間違いなく熊本に住みたい!」というほど最高の街であり最高の人々が居ました。

午後7時30分からは従業員30名ほどが大きな会議室に集まり保険の研修をするのですが、その研修前に食べさせて頂きました「大人数分の手作りの差し入れ」が本当に美味しかったです。おにぎりや塩トマトやお味噌汁などが、30人ほどが食べられるだけの量を全て手作りで毎回ご用意していただきました。丸山社長や従業員の皆さま、本当にありがとうございました。コンサルティング終了からご無沙汰しておりますが、いつか必ずもう一度訪問させていただきます。

ファーレン熊本株式会社  2013年1月〜
会員番号017「熊本県:ファーレン熊本」さま
Picture

新潟県の「 宮本モータース 」さまにコンサルティングしました

宮本モータースさまに初めてお伺いしたのが2013年の2月でした。上越新幹線の越後湯沢駅に初めて降り立ちました。

「この積雪量は凄い!・・・」越後湯沢駅には、あいおいニッセイ同和損保の方々が迎えに来てくれていました。そして手渡されたのが「シューズカバー」と呼ばれるモノでして、それを靴の上から装着して駐車場に向かったことが本当に懐かしいです。宮本モータースさまは「車検のコバック」や「軽自動車の未使用車や中古車を販売」されています。また「鈑金塗装」や「24時間のレッカー」などもされていて、車に関することなら全て自社で完結する仕組みが既に出来上がっていました。

4月から始まりましたコンサルティングでは、車検のフロント女性を中心にして研修を行ないました。午後7時30分からの全員が集まっての研修前には毎回お弁当をご用意いただきまして、その時に頂いたお米が強烈に美味しかったことを覚えています。冷たいお米が弁当の箱に引っ付かないとは・・・恐るべし米どころ新潟県!

株式会社宮本モータース  2013年4月〜
会員番号018「新潟県:宮本モータース」さま
Picture

北海道の「伊尾自動車」さまにコンサルティングしました

伊尾自動車さまは「ホッキ貝」で有名な?北海道は苫小牧にございます。コンサルティング当時は、現在会長職をされていますお父さまが社長でした。現在は息子さまが社長をされています。

「車検のコバック」を2店舗運営されていまして、「鈑金塗装」や「24時間のレッカー」もされています。12回の高島コンサルティングの最終日に送別会を開いていただきました。お酒の席ではお父さまからご商売をされていての長年のエピソードを教えて頂きました。会長職をされていますお父さまは今でも24時間レッカー隊員のお一人でありまして、基本的には明るい内に就寝して夜はレッカーに備える生活をされています。

そこで私はお父さまに尋ねました。「どうしてそこまでされているのですか?」と。するとお父さまは教えてくれました。「高島さん、あなたも保険の仕事が好きなんでしょ?私も困っているお客さまを助けることが昔から好きなんだよ。わぁっはっはっ・・・(笑い)」。

参りました。北の北海道にも将軍さまが居られました。今では社長であります息子さまも24時間体制でレッカー隊員に加わり、日々お客さまを助けに行かれています。「こんな自動車屋さまで車検や整備や修理をして貰いたい!」そう思える素晴らしい会社さまです。

株式会社伊尾自動車  2013年5月〜
会員番号019「北海道:伊尾自動車」さま
Picture

長野県の「フジカーランド上田」さまにコンサルティングしました

長野県は上田市にあります羽田社長率いる会社がフジカーランド上田さまです。2013年から始まりました保険コンサルティング後も、3ヵ月度にフォローアップ研修という形で保険コンサルティングを導入していただいております。

私見ではございますが、多くの自動車販売店さまはフジカーランド上田さまをビジネスモデルとされるのが良いのでは?と思っています。色々なコンサルティング先での経験を比較してそう感じさせてくれました。

たとえば、自動車を販売するにも「軽自動車の未使用車」を専門として取り扱うところもあります。「中古車販売」を専門にされているところもあります。フジカーランド上田さまでは更に「マツダオートザム店」も経営されていまして、お正月の初売りなどでは元旦から「軽自動車の未使用車」も「良質な中古車」も「新車の普通車」も全てバランス良く売れていくのを、私が初売りのお手伝いさせて頂きました時に目の当たりにしました。

更に羽田社長以下の管理職ポストの設定や、保険課の人選、従業員教育への取り組みなどが、絶妙にバランス良く運営されている感じが、お伺いする度に感じるところでございます。新入社員の皆さまが、いきなり新車を購入して普通に乗っていて更に、マイナーチェンジ毎に新車に乗り換えている事も従業員満足が高い証しではないでしょうか。

株式会社フジカーランド上田  2013年5月〜
会員番号020「長野県:フジカーランド上田」さま
Picture

福岡県の「朝日自動車」さまにコンサルティングしました

2012年11月、あいおいニッセイ同和損保さまの福岡支店にてセミナーを開催させていただきました。そこでお会いしたのが朝日自動車さまを経営されます藤野社長です。セミナーでは最前列に着座されていて、セミナー終了と同時にコンサルティング依頼を頂戴した日が懐かしいです。藤野社長からの依頼は「マッハ車検に来たお客さまからの保険を獲得する」でした。

初めてお店にお伺いした日が2013年1月でした。そこでマッハ車検の仕組みを教えていただき、車検フロントの方達を紹介していただきました。更に、会社の裏側に廻りますと「巨大な鈑金塗装工場」がありました。更に建物の最上階へと続く大きなスロープからはタクシーが降りて来ました。そうです、タクシー会社も経営されています。少し離れた店舗ではフランス車のルノーを販売されています。24時間のレッカーもされています。自動車業界に関することはほとんど網羅されています。

さらに藤野社長はBSサミットの副理事長をされています。お会いする度に教えて頂きます事は「高島さん、俺たちは自分だけの事を考えていては駄目なんだ。業界全体が盛り上がるような事を考えないと皆が駄目になっていく。」ということです。

朝日自動車株式会社  2013年6月〜
会員番号021「福岡県:朝日自動車」さま
Picture

愛知県の「 コバック本部 」さまにコンサルティングしました

説明不要!
自動車業界に携わる人なら誰もが知っている車検のスーパーフランチャイズ。そんな「車検のコバック」を経営されていますのが小林憲司社長率いるコバックさまです。私がお付き合いさせて頂いています自動車販売店の多くが「車検のコバック」をされています。その本家本元の総本山から、自動車保険のコンサルティング依頼を頂戴しました。

コバック本部にお伺いする迄のイメージは「各店舗が巨大」で「働く人達が無口」で「厳しい職場」といったものでした。しかし実際にコンサルティングに入ってみますとイメージとは正反対の会社でした。各店舗は敷地もそれほど巨大なわけでもなく、入庫の受付をするスペースも手狭に感じるくらいでした。

しかし、各店舗の車検台数は驚異的な台数を誇っておられます。「商売をするのに建物の大きさは関係ないんだ」と考えさせられました。従業員の皆さまも社歴が長い方々ばかりで、私が一人の女性フロントの方に次のような質問をしました。「車検だけでも忙しいのに、そこに保険を勧めるのは大変ですね?」と。するとこう言われました。「高島さん、新しいことをするのは小林の下で10年以上も働いているので慣れていますよ。気にせずやってくださいね」と。

参りました。これが本家本元の強さの一つなのでしょう。

株式会社コバック  2013年7月〜
会員番号022「愛知県:コバック本部」さま
Picture

静岡県の「坂井モーター」さまにコンサルティングしました

静岡県の浜松で車検のコバックを5店舗と未使用車の専門店を経営されていますのが、坂井社長率いる坂井モーターさまです。坂井社長からの依頼は「車検からの保険獲得件数を増やすこと」でした。坂井モーターさまは私がコンサルティングに入らせていただきます前から、自動車保険にはとても力を入れておられます会社さまでした。

車検台数も全国屈指の何万台超えをされています。浜松にも大将軍が居られました。坂井モーターさまは5人の店長が車検の店舗をそれぞれ切り盛りされています。各店長の「十人十色」を勉強させていただきました。

たとえば・・・保険の研修に自分自身で出席される店長も居れば、出席は部下に任せて自身は事後報告を受けて自身に落とす店長も居られました。どのやり方が良いとかという話しではなくて、お店にどういった結果を残したのか?が十人十色でした。坂井モーターさまでは「率いることの難しさ」を知ることが出来ました。

坂井モーター株式会社  2013年9月〜
会員番号023「静岡県:坂井モーター」さま
Picture

愛媛県の「エスエスオート」さまにコンサルティングしました

愛媛県の四国中央市に、篠原社長率いるエスエスオートさまがございます。自動車の買い取り「ラビット」や「車検のコバック」、「軽自動車の中古車販売」や「軽自動車の未使用車販売」をされています。私への依頼は「全ての部門の人達が保険を獲得出来るようになること」でした。コンサルティングを開始して始めに成果が出始めたのが「軽自動車の中古車販売部門」の店長でした。

たとえば、月に15台販売すると10件以上の新規保険を取得してもらいました。そして、店長自身が保険を取得していく姿を見て、部下の人達も販売に対して4割位の割合で保険取得していきました。

社内の誰かが火を噴けば連鎖し易いのも、私自身の経験で有りましたので正にそれが証明された現場となりました。当時の営業社員さまには、毎週木曜日に送迎をして貰っていました。ありがとうございます(^O^) 朝に瀬戸大橋を渡り、夜にも瀬戸大橋を渡る生活が3ヵ月間続きました。本当に良い思い出ばかりです。

エスエスオート株式会社  2013年9月〜
会員番号024「愛媛県:エスエスオート」さま
Picture

静岡県の「 市川自動車 」さまにコンサルティングしました

2012年12月に、あいおいニッセイ同和損保さまの静岡支店にてロープレ1000本ノックを開催させていただきました。そこに従業員の方達を送り込んでいただきましたのが、保険コンサルティングに入るきっかけとなりました。

市川自動車さまは「車検のコバック」や「マツダオートザム」や「カーリンク」を経営されています。今回は全ての部門の人達に保険をご指導させていただきました。そこで出会ったのが車検のフロント業をされています天才少女?高橋さんです。とにかく明るい!この一言に尽きます。初めて合うにも関わらず以前から知っていたかのように接してくれます。保険販売もコンサルティング前までは1件も取得したことが無かったのですが、バンバンと新規で受注していってくれました。

自動車保険の詳細をお客さまにお伝えすることはもちろん大切ですが、それ以前のお客さまとの会話がいかに大切かを教えてくれました。車検からの保険を獲得するのに大切なことは、話しを聞いて貰えるかまでの会話にありますね。

株式会社市川自動車  2013年10月〜
会員番号025「静岡県:市川自動車」さま
Picture

群馬県の「 太陽自動車 」さまにコンサルティングしました

2014年5月、品川プリンスホテルにて「ミスター保険R1グランプリ」の表彰式が開催されました。そこで初めてお会いしたのが、群馬県の太田市にて太陽自動車さまを経営されます松岡会長でした。会場でも強烈な存在感を持っておられました。その場で「うちにも保険のコンサルティングを頼むよ」と仰っていただきました。2014年7月から12回の高島コンサルティングが始まりました。毎週土曜日にお伺いする形です。

今まで見てきたどの自動車屋さまよりお客さまがたくさん来店されていました。「賑わう」とはこういった事を言うのでしょうか。本当にたくさんのお客さまで店舗内は賑わっていました。トイレに行きますとドアノブの所に小さな貼り紙があります。よく見ると「ドアを開けていただきますと自動で照明が点灯します」と書いてあります。感動しました。とても大きな店舗であり、豪快な会長からは想像も出来ないような気配りがお店の随所に垣間見られます。群馬県にも本物の大将軍が居られました。それが太陽自動車さまです。

太陽自動車株式会社  2013年7月〜
会員番号026「群馬県:太陽自動車」さま
Picture

千葉県の「日動自販」さまにコンサルティングしました

千葉県は船橋市にて中古車販売店「シンドバッド」を経営されます会社さまが、日動自販さまです。創業45年以上の老舗中の老舗でございます。12回連続の高島コンサルティングは2014年10月から行なわせていただきましたが、それよりも以前の2010年に1回だけの保険の研修に入らせていただいた事がございました。

それから4年後の保険コンサルティングとなりました。毎週土曜日に、あいおいニッセイ同和損保の支社長と営業社員さまが、2名体制で送迎からお客さま役からと、3ヵ月間に及ぶコンサルティングにお付き合いいただきました。ありがとうございます。

コンサルティング期間中は、営業社員さまのモーター愛を感じる場面がたくさんございました。担当先の代理店の従業員に厳しく言える人は少ないと思います。ですが、この担当社員さんは本気で日動自販の皆さまに保険を覚えて結果を出して頂きたかったので、愛のある厳しいお言葉でいつもご指導されていたのが懐かしいです。こういう関係が大切だと気付かされた現場となりました。

株式会社日動自販  2014年10月〜
会員番号027「千葉県:日動自動車」さま
Picture

東京都の「鈴木自工」さまにコンサルティングしました

車検のフランチャイズに加盟されている経営者で、鈴木自工さまを知らない方も少ないかと思います。車検のコバックさまだけでも10店舗を運営されていますし、車検台数も驚きの数万台超えです!1店舗あたりの車検台数では日本で一番の会社さまです。

鈴木自工さまとの出会いは、2011年10月に3時間だけの保険勉強会を開催させていただいた時になります。翌月の11月には、あいおいニッセイ同和損保さま主催の「東京本部トップモーターの集い」という感謝際があり、開催場所のホテルのトイレで、当時社長をされていました鈴木社長に出会いました。

鈴木社長は私にこう言ってくれました「高島くん、うちの会社で保険よろしくな!」今でも鮮明に覚えています。それから正式に保険コンサルティングに入らせていただいたのが2015年の4月ですので、4年半以上は掛かりましたが、代を引き継がれた息子さまに「お父さまとトイレで出会ったお話」をお伝えさせていただきました。鈴木社長、保険も日本一目指して頑張りましょう!

鈴木自工株式会社  2015年4月〜
会員番号028「東京都:鈴木自工」さま
Picture

新潟県の「第一自動車販売」さまにコンサルティングしました

大阪駅から「特急サンダーバード」で金沢駅へ到着し、金沢駅から「北陸新幹線」で上越妙高駅に到着し、そこからクルマで15分の所にありますのが、真保社長率いる第一自動車販売さまです。

2015年8月から12回連続の高島コンサルティングが始まりました。車検のコバックをされていますし、軽自動車の未使用車販売もされています。私への依頼は「車検から保険を獲得すること」でした。コンサルティングを開始して直ぐに結果が出始めたのは「未使用車のお客さまからの保険獲得」でした。営業マン1人が保険にハマってくれました。

保険にハマる人に共通して言えることが「興味が出ることで疑問に思える事が多くなる」ことや、「オリジナル感満載のマイパンフレットを作成している」ことです。ご契約頂いた保険の中身を拝見しますと、凝りに凝った補償内容となっています。上司であります営業スタッフが保険にハマったことで、すぐに部下の方にも良い意味で伝染していき、営業担当者のお二人が第一自動車販売さまの保険の稼ぎ頭をなっています。

Placeholder image
第一自動車販売株式会社  2015年8月〜
会員番号029「新潟県:第一自動車販売」さま
Picture

山形県の「カーサービス山形」さまにコンサルティングしました

くるま選びの終着駅!それが小川社長率いるカーサービス山形さまです。全国の同業他社と比べましても、おそらくもの凄い販売台数を誇っている会社さまです。小川社長との出会いは2011年3月になります。それから4年と9ヵ月後にようやく12回の高島コンサルティングに入らせて頂きました。本当にうれしかったです。

カーサービス山形の従業員の皆さまには「昔ながらの中古車販売店の良さ」をもの凄く感じます。私も前職は中古車販売店でお世話になっていました。そんな古き良き時代をそのまま続けておられるのが、カーサービス山形の皆さまだと思いました。

そこに斬新な考えを持たれています小川社長の新しい経営感覚が加わり、「継承と新設」が混じり合ってますます絶好調な会社となっています。

株式会社カーサービス山形  2015年12月〜
会員番号030「山形県:カーサービス山形」さま
Picture

千葉県の「センチュリーオート」さまにコンサルティングしました

「自動車を販売する」ことや「車検整備をする」ことや「鈑金塗装をする」ことなど、自動車屋さんと言っても色々なやり方があると思います。そんな中でも「車に関することならどんなことでも」をモットーに、本当に真面目にお客さまに向き合ってご商売をされています会社さまが、千葉県松戸にあります。

石井社長が率いていますセンチュリーオートさまです。24時間体制のレッカー出動や松戸の駅横にありますレンタカー会社も、全て石井社長が経営されています。うわべだけではなくて、モットーに掲げたことを本気で地で行かれています。

石井社長はBSサミットの副理事長をされていまして、自社だけではなく業界の未来を本当に真剣に考えておられるのだと、お話をお聞きする度に色々と教えていただきます。「どうせならこんな考えを持つお店で車を買ったり車検を受けたい!」と十分に思える会社なのです。

有限会社センチュリーオート  2016年1月〜
会員番号031「千葉県:センチュリーオート」さま
Picture

徳島県の「加藤自動車相談所」さまにコンサルティングしました

徳島県にございます加藤自動車相談所さま。社名が一番に目を引きます。もちろん社長のお名前も加藤社長さまです(^O^) 保険コンサルティングを導入していただきますきっかけとなったのが、あいおいニッセイ同和損保さまの徳島支店にて開催されましたロープレ1000本ノックへの小野部長の参加でした。

加藤自動車相談所さまでは「車検のコバック」の他にも「軽自動車の未使用車販売」をされています。特に未使用車の販売スタッフの方達は、新卒から採用された若い世代が多くを占めていましたので、保険を覚える事は同時に販売にも影響を与えることになり、それは同時に従業員教育に繋がると小野部長に知って頂けた事が大きかったと考えています。

いざ研修が始まりますと、賑やかで笑いが絶えない楽しい現場となりました。保険料ではなくて補償内容で勝負していただくことで、強い営業マンを作りあげておられます。

Placeholder image
株式会社加藤自動車相談所  2016年4月〜
会員番号032「徳島県:加藤自動車相談所」さま
Picture

次は、あなたの会社の番です

次は、あなたの会社に伺います。
高島健太の自動車保険獲得コンサルティングは、机上で経営者に理論を語るだけではなく、スタッフに直接保険獲得を指導する実践型のプログラムです。あいおいニッセイ同和損保の代理店契約があればお受け頂けます。一緒に、あなたの社内に「ミスター保険」を作りませんか?

お問い合わせはこちらまで  高島健太の自動車保険獲得コンサルティングを受けてみませんか?

※コンサルティング先32社(※2017年5月現在)

PAGE TOP